クレジットカードで商品券を換金

menu

クレジットカードで商品券を換金するためのポイント

▼ 目次

クレジットカードのショッピング枠を現金に変えるという方法について

クレジットカードには、ショッピング枠に加えてキャッシング枠も付帯しているものがあります。
通常、クレジットカードで現金を作る場合にはキャッシング枠で借り入れを行うのです。
しかし、キャッシング枠は消費者金融の借り入れ同様であり、利用を躊躇う方も多いでしょう。
ショッピング枠を利用した現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えるという方法。
商品の買い取りやキャッシュバックによって現金を手に入れることが出来ます。

クレジットカードの換金を自分で行う方法

手軽に行えるイメージのあるクレジットカードの換金ですが、自分で行う方法も注目されています。
その1つが、商品券を利用した方法です。
クレジットカードの換金で、商品券を用いた方法と換金のメリットや注意点を紹介します。

クレジットカードで買える商品券は、一部の商品券のみ。
カード会社が発行している商品券として有名なJCBギフト券のみです。
さらに換金率の高い商品として、新幹線の回数券もおすすめです。
金券ショップでは、様々な種類の商品券を買取販売しています。
全国共通百貨店の商品券、カード会社が発行するギフト券、新幹線の回数券、切手など様々です。
どの商品も比較的換金率が高いことが特徴ですが、特に換金率が高い商品が全国共通百貨店商品券とカード会社のギフト券、そして新幹線の回数券となります。
しかし、全国共通百貨店商品券は、クレジットカードで購入出来ない商品でもあるのです。
そのため、クレジットカードで購入する事が出来る商品券としてはカード会社の商品券と新幹線の回数券がおすすめです。
クレジットカードで購入する事が出来るという点だけではなく、換金率も95〜98%と高いことも魅力ですね。

新幹線の回数券を転売するという方法は古くから知られており、行った経験がある方も多いのではないでしょうか。
また、新幹線の回数券は3ヶ月の有効期限が定められています。
そのため金券ショップで買い取る際にも換金率が下がるポイントとなってしまうのです。
しかし商品券であれば、有効期限はありません。
加えて使用用途も幅が広いため、非常に高い換金率となっているのです。
同じ換金率の高い商品であっても、この点が新幹線の回数券とは異なる部分でしょう。

商品券を換金する方法には、メリットもあります。
換金率の高さ以外に挙げられるメリットは、審査が不要で誰でも行うことが出来るという点です。
商品券の購入については、クレジットカードを所持している方であれば購入が可能です。
換金率が高く、誰でも可能な方法である商品券の換金ですが、注意点もあります。

まずは、悪質な金券ショップです。
買取相場が表示されていない金券ショップには注意が必要です。
客によって買取金額を決める悪質な金券ショップもあります。
余裕が無さそうだと判断した場合、低い買い取り金額を提示するケースもあるのです。
この様な悪質な金券ショップで買い取ってもらうことのないよう、事前に買い取り金額の相場を調べて置く必要があるでしょう。

最も注意したい点は、クレジットカード会社に換金目的の利用を疑われることです。
換金目的でクレジットカードのショッピング枠を利用することは、カード会社の利用規約違反となります。
クレジットカードを申し込む際、カードの利用規約に同意をしています。
その規約に違反をすれば、当然にカードの利用が停止されるでしょう。
加えて、利用した分の金額を一括で支払わなければならないのです。

クレジットカード会社が発行する商品券は、何度も繰り返し購入をしない限り疑われにくい商品です。
しかし、新幹線の回数券については、換金率が高いことやクレジットカードの換金目的で購入する方が多いことから、カード会社が監視を強めている商品でもあります。
特に国際ブランドのクレジットカードを所持している場合には、監視体制も強いということをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。
一度カードが停止されてしまっても、カード会社を納得させた上で利用再開となる場合もあります。
しかし、カード会社からの監視がさらに強化されるため、換金目的は勿論、通常の買い物でも高額な買い物が出来なくなる可能性があります。

換金業者を通した方がスムーズに現金を手にすることが出来る?

クレジットカードを所持している方であれば、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を作ることが可能です。
自分で行う方法や、クレジットカード換金業者を通して行う方法があります。
自分で行う場合、商品券や新幹線の回数券を転売するという方法が最も有効であるといわれています。
しかしクレジットカード換金という行為は、自分で行うよりも専門の換金業者を通した方が安全であるという意見もあるのです。

クレジットカードのショッピング枠で決済を行い、後に手数料を差し引いた金額を送金するというサービスを提供する換金業者が増えています。
自分で行う方法は換金率の高さだけを見ると魅力的ですが、新幹線チケットでの換金はカード利用停止になりやすなどのリスクがある為、現金化業者を比較して優良な業者を通した方がスムーズに現金を手にすることが出来るでしょう。